pickup

身体が怠くてつらい。イライラが止まらない。

更年期障害が原因かもしれません。

薬や漢方に頼らない不思議な改善策

>>更年期障害の対策はこちら

スキンケア

肌の老化要因 光老化と紫外線対策その1

更新日:

肌が老化していく原因は、加齢がほとんどだと思っていませんか?
実は、原因の8割は紫外線を浴びたことによって起こる肌のダメージ、光老化と言われるものなのです。
つまり、太陽の光による肌の老化のことで、紫外線を浴びた時間と老化の進み具合は比例するといわれています。
「しわができるのは年齢のせいだから仕方ない・・・」とあきらめないで、まずは紫外線からしっかりと肌を守ってあげましょう。

光老化とは

JESHOOTS / Pixabay

肌が老化していく原因は、加齢がほとんどだと思っていませんか?

肌の老化には大きく2種類があります。
加齢と共に機能や代謝が落ちていく老化現象を「自然老化」と呼びます。
年を重ねることによって、肌や体の機能が徐々に衰えて起こる自然の老化です。

 

しかし、皮膚の老化には、紫外線がより大きな影響を及ぼしている事が明らかになってきました。
紫外線を浴びることによって、皮膚にダメージが与えられ起こる老化です。
これは、皮膚特有の老化現象として「自然老化」と区別するために「光老化」と呼ばれており、シミや深いシワを引き起こします。

紫外線は肌を酸化(サビ)させる活性酸素を発生させ、皮膚細胞のDNAを傷つけ破壊します。
肌に受けたダメージは少しずつ蓄積し、肌の老化現象となって後々現れてきます。
メラニン色素が増加し、皮膚はくすみ始め、シミが発生したり、濃くなったりします。
また、皮膚の奥深くでは皮膚の張りに大きな役割を果たしている、エラスチンやコラーゲン
が破壊・変性されて、張りがなくなったり、しわが増えたりもします。
これを光老化といい、自然の老化とは区別されています。

紫外線を浴びた時間とその老化の進み具合は比例します。
シミ・シワ・たるみなど、加齢によって起こる老化とは違って、紫外線に対する防御反応として皮膚が厚くなり、メラニン量が増えていきます。

メラニンが増えるのは肌の防衛機能なのです。

特に、色が白い方はメラニン量が他の人よりも少ない分、防衛反応が多く働いて、早い時期から光老化の影響が多く現れるので注意が必要になります。

光老化は、加齢による老化「シミ・シワ・たるみ」に上乗せの形で起きると、加齢によるシワよりも、深くゴワついたものになってしまうのです。

実は、老化の原因の8割はこの紫外線によるダメージ「光老化」なのです。

どうしようもない、遺伝子で決まった「自然老化」はたった2割で、この老化はスキンケアではどうしようもありません。

つまり、美容的に気になるシミやしわの原因の8割はこの光老化で、この老化はある程度修復が可能なのです。

ですから、美しい肌を保つためには、毎日の正しい紫外線対策が欠かせません。
紫外線と光老化の関係をよく理解することが、正しい紫外線対策への第一歩です。

紫外線について

Zeitderfrau / Pixabay

よく耳にする紫外線ですが、紫外線とはどのようなものなのでしょうか?

太陽は、私たちが生活をする上で様々な恵みをもたらしてくれていますが、肌のシミやシワなど、逆に私たちの身体に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

太陽が放射する光は、波長の長いものから電波・赤外線・可視光線・紫外線・X線・γ線とに分けられますが、X線・γ線はオゾン層に阻まれ、地上に届くことはありません。

紫外線は英語で「Ultravioletrays」。
このUltra Violet(ウルトラ バイオレット)を略して「UV」と呼んでいます。
さらに、紫外線は波長の長いものから「A波(UVA)」・「B波(UVB)」・「C波(UVC)」に分けられます。
紫外線のうち、地上に届くのはUVA波とUVB波という2種類の紫外線です。

UVA波とは

UVA波は紫外線の90%を占めています。
波長が長く肌の奥の真皮まで到達して、じわじわと肌に様々な影響を及ぼします。
肌のコラーゲン線維やエラスチン線維を傷つける波長が40~50%も含まれており、これがしわなどの原因になっていくなど、長い時間をかけ、気付かない間に肌に悪影響を及ぼしていきます。

UVA波はエネルギー量が弱いので、肌を赤くしたり黒くしたりはしません。
紫外線に当たってすぐに肌が黒くなる日焼けを引き起こすことが、すぐに目に見える変化といえます。
しかし、UVA波オゾン層を抜けやすく雲やガラス窓も透過するので、気がつかないうちに肌に紫外線ダメージを与えてしまいます。
また、活性酸素をたくさん発生させて、UVB波が作ったメラニン色素を濃くして、肌を黒ずませたり、シミを悪化させたり、シワの原因となったり、肌にさまざまな悪い影響を与えます。
「光老化」も、このUVA波と大きく関係しています。

UVB波

UVB波は波長が短く、UVA波に比べるとオゾン層や上空の雲に阻まれ、地上に到達する量は全紫外線量の約10%と少量です。
UVB波は波長が短いので、肌の真皮にまでは到達しません。

しかし、UVA波に比べてエネルギーが強いので、長時間の日光浴で肌が真っ赤に焼けたり、水膨れができたり、肌の表面に炎症を起こして赤くするサンバーンや、肌を黒くするサンタンを起こします。
肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こすので、皮膚ガンやシミの原因にもなります。

日常生活の中で日傘を使うなど、極力直射日光に当たらないように心がけることだけで、ある程度の防御が可能なのがUVB波です。

UVC波

UVC波は非常に強力で有害です。
皮膚がんの原因にもなりますが、波長が短いため、オゾン層によってブロックされて、ほとんど地表に到達することはありません。

しかし、環境破壊が進み南極上空のオゾンホールは年々拡大しています。
このままオゾン層が破壊され続けると、UVC波による人体や動植物への悪影響が広がる可能性もあります。

太陽の光のメリット

人は太陽の光を浴びることでビタミンDの合成を促進し、カルシウムの吸収を助けるため、骨が強くなります。
また、太陽の光がなければ作物や草花は育ちませんし、動物や鳥たちも生きることはできません。

また、紫外線には細胞のDNAを傷つける作用があるため、細菌のDNAを破壊してくれます。
食品や医薬品などさまざまな分野でこの紫外線の殺菌作用を利用し、衛生管理が行われています。
日が高いときには、部屋のカーテンを開け、家のなかに紫外線を取り込んで部屋を殺菌するのも大切です。

願いを叶える方法の一つ!

あなたの願いや叶えたい夢はなんですか?↓

願いを叶える方法です!

 
pickup

身体が怠くてつらい。イライラが止まらない。

更年期障害が原因かもしれません。

薬や漢方に頼らない不思議な改善策

>>更年期障害の対策はこちら

関連



先生のアドバイスがこんなに効くなんてビックリです!


金運占いが得意な占い師に、復縁の相談をしても復縁できません!!

占いを選ぶ時は3つのポイント(占術・悩み別・口コミ)が揃ってるエキスパートの占い師へ相談するのが一番です!

高い霊能力を持つ霊能者がいます!

興味あるひとは↓

★大好きな彼の気持ちが知りたい・この先結ばれる可能性が知りたいなら↓

>>片思い占いのエキスパート

★彼と結婚できるの教えてほしい・彼もいないけどいつ頃結婚できるのか知りたいなら↓

>>結婚占いのエキスパート

★上司や同僚の人間関係を改善したい・どう接すればいいの↓

>>仕事占いのエキスパート

★元彼と復縁したい!元カレはわたしのことをどう思っているのか教えて↓

>>復縁占いのエキスパート

★既婚彼とのこの先の運命を教えて!遊ばれているのか知りたいなら↓

>>不倫占いのエキスパート

★旦那と関係は?離婚したほうがいいのか?夫婦仲を知りたいなら↓

>>離婚・夫婦仲占いのエキスパート

★全ての占術で占えるから総合的にわかるスーパー占い師↓

総合運・金運占い

その他、各エキスパートの占い師が待機中

前世・ソウルメイト占い

あなたにオススメ記事

1

今売れてます! すでに4,000,000本売れているリファカラットシリーズですが目次1 すでに4,000,000本売れて ...

2

リファカラットは本当に効果あるの?ないの?目次1 リファカラットは本当に効果あるの?ないの?2 リファカラットの4つの特 ...

3

家庭用脱毛器として大人気のケノンですが、美意識の高い貴女ならもうご存じですよね。 脱毛は身だしなみの一部です。 せっかく ...

4

美顔ローラのリファカラットシリーズですが皆さん何本もってますか?目次1 美顔ローラのリファカラットシリーズですが皆さん何 ...

5

  ほうれい線やしわ、たるみの効果があると言われているフェイシャルフィットネスPAOですが、最近新たに医学誌に ...

-スキンケア

Copyright© 美麗~Brei , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.